知っている人は得をする!?賃貸の基礎知識

賃貸物件を借りるための入居審査

賃貸物件を借りるためには必ず入居審査を受けなくてはいけませんが、入居審査に必要な書類や面接の仕方をご存知でしょうか。現在、入居審査では、源泉徴収書や課税証明書の提出を求めるのが一般的です。提出を求められる書類は一定の収入があることを証明するための書類で、審査の厳しい賃貸物件の場合は、源泉徴収票や課税証明書の他に、住民課税決定通知書や確定申告書などの提出も求められます。面接では連帯保証人の有無を聞かれ、提出した書類から類推される収入と保証人の有無で入居できるかどうかが決まります。

敷金・礼金って返還されるの?

入居時に請求される敷金・礼金は絶対に必要なのでしょうか。慣例として徴収されている場合が多く、地域により相場に差があります。礼金は部屋のクリーニングなどの維持管理費として使用されるため、退去時に返還されないのが一般的で、敷金は、家賃が滞納されたり賃貸物件の修繕が必要になった場合に備えておくための保留金で、退去時に返還される場合が多いです。敷金・礼金以外にも保障金名目で徴収される場合もあるので、退去時に返還されるのか要確認です。

退去時に原状回復で揉めないために

賃貸物件退去時に、敷金・礼金の返還以外でトラブルになりやすいのが原状回復です。原状回復とは、賃貸物件を借りた時の状態にして管理者に返還することです。フローリングの傷や壁紙の汚れなど、どこまでを修復すればよいのかで管理者と借り主がトラブルになりがちです。管理者から修復を求められた傷や汚れが、借り主が物件を借りている時にできたものかどうかで揉める事が多いので、賃貸物件を借りる時は、入居時に部屋の写真を複数撮影し保存しておくとトラブル防止になります。

森の賃貸マンションに住むことのメリットは防犯セキュリティが優れているとこにあります。ダブルオートロック機能やテレビモニター付きのインターホンなどがあるので女性の一人暮らしでも安心して暮らせます。