知らないと後で思わぬトラブルも…賃貸の専有部分と共有部分

賃貸物件は専有部分と共有部分に分かれる

どの賃貸物件も専有部分と共有部分が存在することをご存知でしょうか。この2つについて知った上で賃貸物件を利用しないと、後々大きなトラブルに巻き込まれることもあるので、しっかりと把握しておきたいところです。まず専有部分ですが、これは借り主が個人的に自由に使用して良いスペースや設備を指し、集合住宅なら住戸そのものや部屋がそれです。一方共有部分は専有部分に属さない、区分所有者全員が共有する部分を指すのですよ。

えっこんなものも?意外な共有部分

共有部分は先ほど説明したようにその賃貸物件の区分所有者全員が基本的に共有する部分になります。そのため勝手に物を置いたり、あるいはリフォームなどで手を加えてはいけません。意外な共有部分としてはマンションやアパートなどの集合住宅におけるベランダやバルコニーが挙げられます。現実的には専有使用権で専有部分同様の使い方ができるケースが多いですが、あくまで共有部分のため勝手に手を加えたりといった事は行わないようにしましょう。

賃貸選びでは共有部分も重視!

共有部分はその賃貸物件の使い勝手や快適性に大きく関わってくることも珍しくありません。例えばオフィスビルならば共有部分であるリフレッシュスペースやロビー、化粧室などは社員はもちろん、来訪者にとっても重要ですよね。またマンションといった集合住宅ならば同様にロビーや各種レクリエーション設備、廊下といった部分は借りる前にチェックをしておきたいところです。賃貸選びではこれら共有部分にも注目して探してみてはどうでしょうか。

札幌市清田区の賃貸マンションはダブルオートロック機能やテレビモニター付きのインターホンなどが取り付けられているので防犯性に優れている賃貸マンションです。