思わぬ落とし穴も!?賃貸物件を下見する時の注意点

契約した後に後悔しないためにも下見は重要!

新生活や転勤、新事業を開始する時など、賃貸物件を借りる機会は多くの人にありますよね。物件を借りる際に下見をしなかったり、あるいは何か見逃しがあって賃貸契約後に後悔をした人もいるのではないでしょうか。賃貸物件の下見はただ行えば良いという訳ではなく、ポイントを押さえてリスト式でチェックをしていくのが良いとされています。事前に下見で確認した点を紙などに書き出したり、スマートフォンなどに打ち込んでおき、下見当日にそれらの項目を見ていくと確実なチェックが行えますよ。

下見するときに重視したいポイントはここ!

下見においてはある程度共通した、チェックをしておきたいポイントいうものが存在します。あまり下見に時間を取れないときでも、それらの重視したいポイントを押さえておくと短時間で物件の良し悪しがある程度分かりますよ。ポイントの1つに風通しが挙げられます。風通しが悪い物件は部屋がじめじめしており、カビが生えやすい環境だったりするので要注意です。また部屋や廊下の幅も大事で、引越し時に荷物の搬入に支障がないか見ておきましょう。

時間帯や曜日を変えて下見しましょう

一度の下見で特に問題も無く、安心して契約したら引越し後に騒音に悩まされたり、飲食店からの臭いに悩まされたりといった事はよくある賃貸トラブルです。これを防ぐためにも、下見は一度だけでなく時間帯や曜日を変えて行うのが理想です。日中は閑静な環境下ですが、夜になると近隣や隣接する住宅、部屋からの騒音がひどい、といったケースもあります。満足いく賃貸物件を見つけるためにも、下見は労力を惜しまないようにしましょう。

札幌市白石区の賃貸マンションは自分以外にもたくさんの人が同じマンションに暮らすことになるので、ダブルオートロック機能といった防犯セキュリティもしっかりしています。